とさでいず

愛車DJデミオのカーライフを中心に自転車、バイク、高知のおすすめスポット、写真についてなど色々と書いています

デミオの「アドバンストキーケース(スマートキーケース)」を購入しました

こんにちは、Hiroです

 

デミオを始め最近のマツダ車の多くには
アドバンストキーレスエントリーが採用されています。

 

アドバンストキーレスエントリーとは
マツダのスマートエントリーシステムの名称で、
機械的な鍵を使用しなくとも、
ドア・トランクの施錠や開錠、
エンジンの始動が可能なシステムです。

 

スマートエントリー - Wikipedia

 

 

他社のシステムと同様、
専用のキーをポケットやカバンに携帯しておけば、
エンジン始動の際にあえて取り出す必要がありません。


 

 f:id:hiro-ride:20160426213703j:image

実際のアドバンストキー(スマートキー)はこんな感じです。

解錠・施錠ボタンも付いていますが、
基本的に携帯している状態であれば、
ドアノブのボタンを押すだけでキーを取り出すことなく解錠できますし、
車から離れると自動的に施錠されますので、
あまり使用することはありません。

あえてボタンで解錠するようなケースは
駐車場でクルマを見つけたい時くらいでしょうか?

 

また、自動施錠の設定はマツダコネクトの設定から、
無効にすることもできます。

 

2代目プリウスの安っぽいスマートキーと比べると、
意外とずっしりしていて、高級感もあります。

ただ、このままカバンに放り込んでおくと、
カバンの中で行方不明になってしまったり、
対策にキーホルダーなどをつけると、
今度は傷だらけになりそうです。

 

それを見越してか、
純正オプションカタログにはスマートフォンのカバーのような
シリコンカバーが1,500円ほどで販売されています。

社外品でも下記のような
シリコンカバーやハードカバーが1,000円程度で購入できます。

 

 個性的なものでは
こんな感じの柄物もあります。

しかし、どれもオモチャっぽいというか、
ブラックレザーリミテッドの内装に合わないなぁと思っていました。

 

 

 

tosa-days.hatenablog.com

 

 


 

そこで色々と調べていると、
本革や合成皮革のケースもあるようで、
価格も1,000円から3,000円程度のなかから、
色々と選べることがわかりました。


最終的に購入したのがこちらです。

購入時には1,599円でした。

 

 

f:id:hiro-ride:20160425205712j:plain

 

黒いレザータイプの赤ステッチです。
上部のストラップを外して差し込むような形で装備します。

 

 

f:id:hiro-ride:20160425205716j:plain

裏側にはマツダのロゴもあしらわれています。

 

 

f:id:hiro-ride:20160425205723j:plain

実際に装備してみました。

装備したままでも、施錠・解錠ボタンを押すこともできます。
サイズもピッタリです。

 

f:id:hiro-ride:20160425205731j:plain

このサイズになると、
カバンの中で行方不明になることはないと思いますが、
カラビナ風の金具もついているので、
念のためにカバンのバックルなどに留めておくこともできますね。

 

 

実際に購入したのはこちらですが、
他にも少しデザインの違うレザータイプや
縫製のパターンが違う商品などもありますので、
念のためにリンクしておきます。

 

 

Hiroが購入したケースのカラーバリエーションです。
個人的にはホワイトレザーもあれば
デミオのLパッケージにも似合うように思います。

 

 

 キーをジップで包み込むタイプのケースもあります。

 

 

これもカラバリのように見えますが、
よく見るとケース部分の縫い方が違いますね。

 

 

 こちらはケース付きで色を選べます。
プレゼントにはこちらがオススメです。

 

 

ご紹介したケース類は
CX-3、アテンザ、アクセラ、ビアンテ、CX-5、ベリーサなど、
スマートキーの形状が同じ車種ならどれでも使用できますので、
お好みで選んでみてください。

 

 

 

それでは。