とさでいず

愛車DJデミオのカーライフを中心に自転車、バイク、高知のおすすめスポット、写真についてなど色々と書いています

MAZDA SPEED ATENZA(マツダスピード アテンザ)のカスタム

こんにちはHiroです。

 

今月の上旬。
結婚のお披露目のため、
近しい親戚を集めてちょっとした食事会を催したのですが、
久々の親戚のあつまりの中で、
クルマ好きの弟にも会えたので、
ついでに愛車をみせてもらいました。

 

 

車種はマツダスピード アテンザです。

なんだかんだで、
兄弟揃ってマツダ党になってしまいましたね(笑)

アテンザは東京に住んでいた8年ほど前、
何度か乗せてもらったことのあるクルマですが、
長く乗っていくうちにメンテナンスを兼ねて、
色々とチューニングして、
ずいぶんパワーアップしたようです。

 

 

 

 

 

 

マツダスピードアテンザとは

 

 ノーマル時の写真は上記のような感じです。

 

 

MAZDA SPEED ATENZA(マツダスピード アテンザ)

型式:DBA-GG3P

チューニングベース車両としては
パーツなどが少なくカスタマイズが難しいモデルではあるのですが、
BMWのようなどっしりとした安定性の中に
しっとりとした乗り心地と、
走りを楽しめるパワーが欲しいという
大人のセダンを求めるあなたにオススメ。

といった感じでしょうか?

 

登場は2005年で、価格は302万4000円から。
残念なことに現在は中古でしか手に入りません。

 

特徴は
2.3L直列4気筒インタークーラー付き直噴ターボ
「MZR2.3DISI(ディジー)」を搭載。
最高出力272PS、最大トルク38.7kg-m
というスペックですので、
少しチューニングするだけで
280PSを超えるハイパフォーマンスモデルです。
 
パワーとトルクを余裕を持って受け止めるには
FFの駆動方式ではパワーロスが多いため、
駆動方式は4WDを採用しています。

また、電子制御アクティブコントロールカップリングという技術を採用することで、
前後駆動輪のトルクをF100:R0からF50:R50の範囲で変化させ、
多くの条件下で最大限のパフォーマンスを
発揮することができるような設計となっています。
 
実際に乗ってみると分かりますが、
通常のアテンザセダンにくらべて、
サスペンションやスタビライザーなどの強化も行っており、
走りの安心感は数段上に感じます。
 
内装もしっかり作られていて、
レザーシートなどの高級感も楽しめます。
 

弟が実際に乗っていたのはこれと同じ車種の
ブラックなのですが、
長く乗りながらコツコツとメンテナンスやカスタムを行い。
いつのまにか色々とすごいクルマになっていたので、
本人に許可を得て撮影させてもらいました。


ついでにコメントも貰ってあるので、
そちらも後ほど対話形式で紹介します。

 

 

 
 
 

チューニング&カスタマイズ

 

f:id:hiro-ride:20160924003233j:plain

 

 

私:あれから10年くらい経つのに大事に乗ってるよね。
「みんカラ」にも色々書いてるみたいだけど、
MSアテンザ乗りの方で、
チューニングやカスタマイズを考えている人もいると思うから、
カスタムした箇所を教えてもらえる?
 
弟:え、色々やってるから、ちょっとメールで送る。
 
私:どれどれ?
 
 

 

 

f:id:hiro-ride:20160924004117j:plain

PIONEER / carrozzeria TS-C1720AⅡ
PIONEER / carrozzeria AVIC-VH0999
COMTEC ZEROシリーズ ZERO 91VS
コレミヤ サイドブレーキブーツ ホワイト
コレミヤ シフトブーツ ホワイト
MAZDA SPEED カーボンシフトノブ RX8用
Side Way カーボン調メーターフード
BLITZ BLM ブースト計
不明 ELスカッフプレート
 
 

f:id:hiro-ride:20160924004515j:plain

GANADOR Super Mirror
AWD ACベンチリング
オリエントワークス / リザルトマジック RESULT MAGIC ECU
MSアクセラ用ターボパイプ 
Voing ドリルドローター
AutoExe ストリートブレーキパッド
T.M.WORKS Ignite REV
HKS SUPER FIRE RACING
Auto Exe カーボンスプリッター フロント サイド リア グリル
 

f:id:hiro-ride:20160924004519j:plain

CHARGESPEED 4層ゴム強化ラジエターホース
DO.ENGINEERING Maxogenエアークリーナーシステム
有限会社 浪漫 ULTIMATE 極 EARTH TUNING SYSTEM
CUSCO クスコ ストラット タワーバー OS
マロヤ カーボンサイドブレーキグリップ アクセラ、プレマシー用
Cork Sports Top Mount Intercooler
Auto Exe ターボサクションキット
オクヤマ サクションパイプ
ビルシュタイン BSSキット
AI-Racing SIMマフラー
ヤフオク ムラーノ用サイドマーカー(スモーク)
Coto Sports 純正強化ブローオフ スバル用
オートエグゼ スポーツクラッチライン
マロヤ LEDテールレンズ スモーク
 
 
 
私:おお、すごいな!?
これはボルトオン(無加工)で装備できる?
 
弟:ワンオフや流用もあるから、
無加工では装備できないものもあるけどね。
 
私:***(弟の名前)はスタンドで働いてたこともあるから、
整備もある程度は自分できるよな。
 
弟:*****(ショップ名)とかで、
ワンオフで作ったものもあるよ。
 
私:ネットの情報だけでボルトオンだと勘違いして失敗する人もいるし、
信頼出来るショップを見つけることもポイントだね。

 
 
 
 

本人からのコメント(チューニングのこだわり)

私:チューニングするときにこだわりとかある?

 

弟:

純正+αで気持ちよく楽しく走れる仕様が目標。
装備しているビルシュタインの足はお気に入りで、
これまで2回OH(オーバーホール)して使用してるよ。

エンジンマウントも交換して、
走りもリフレッシュした。

オーディオは純正の埋め込み式HDDオーディオから、
ワンオフしてcarrozzeriaのシステムで組みなおし、
MSアテンザの不満を解消してる。

 

私:単純にカスタムパーツばっかり装備して、
肝心のメンテはおざなりなユーザーも多いんだけど、
クルマはメンテ部分で走りの差が大きくでてくるよね。

 

弟:そうそう。


今後のカスタマイズ予定

私:ちなみに今後はどんなカスタムの予定?
 
弟:
現在の総走行距離は13万キロだけど、
20万キロは走りたいね。
今後もメンテを兼ねて、
チューニングをして楽しんでいくよ。
 
次のカスタマイズメニューだけど、
ようやくピットが空いたみたいで、
9月にチャージスピード制STI用のエアロ(リップスポイラー)を
流用して取り付けする予定(おそらく日本初かな??)。
 
それと、あと3万キロほど走れば、
クラッチ交換のタイミングになりそうだから、
そちらも検討してるとこだよ。


アテンザの次に欲しい車は?

私:大事に乗ってるMSアテンザだけど、
もし、クルマを乗る変えるとしたらどんなのに乗りたい?
 
弟:初代NSX、コルベットだね。 
 
私:リトラクタブルヘッドライトのNSXはカッコイイね。
 
忙しいところ、ありがとう。
また、機会があったら絵になる場所で写真撮らせてね。
 
 弟:いいよ。それじゃ帰るね。
 
 
弟は瀬戸大橋を渡って、本州まで帰って行きました。
 
 
 
 
いやぁ、自分の弟ながら、
クルマ好きと久々に話すことができて楽しかったです。
 
今後も珍しいクルマや楽しいクルマに乗っている方と出会えたら、
ちょっとお話を伺うみたいな企画も面白いかもしれませんね。
 
会社勤めで機会をつくるのが難しいのですが、
ご自分のクルマを撮影して、記事を書いて紹介して欲しい。
そういうブロガーさんもご連絡歓迎ですよ。
 
それでは、みなさんも楽しいカーライフを。