とさでいず

愛車DJデミオのカーライフを中心に自転車、バイク、高知のおすすめスポット、写真についてなど色々と書いています

クルマの乗り換えを考える(5)

こんにちは、Hiroです。

 

「マイカーの乗り換えを考える」シリーズの第5弾です。

前回、ロードスターとデミオXD Touring L-PKGに試乗しました。

 

tosa-days.hatenablog.com

 

次は

アクセラスポーツ15S Touring(6AT 2WD)

を試乗させてもらいます。

 

f:id:hiro-ride:20160314011415j:plain

 

先に試乗したデミオの1.5はクリーンディーゼルターボですが、
こちらのアクセラスポーツはガソリンNAの1.5Lとなります。

もちろんXD(クリーンディーゼル仕様)もあるのですが、
そちらは2.2Lで自動車税が年間プラス1万円ですし、
車両価格も300万円からになるため、今回は遠慮しました。

 

マツダの「魂動デザイン」は全般気に入っているのですが、
私個人としてスタイリングはデミオよりアクセラが好きです。

 

試乗のコースはデミオとほとんど同じで、一般道を走って、
無料高速を1区間だけ走るコースなのですが、
1.5Lガソリンエンジンの登坂性能を確かめるため、
少し傾斜のきつい坂を一気に登るコースを追加してもらいました。

というのも、過去に乗ったことのある1.5L(NA)のAT車は
フル乗車だと登りで苦労したイメージがあるんですよね。

ちなみに乗ったことのある1.5L車は下記の2台です。

ユーノス・プレッソ - Wikipedia

 

ランサー(三菱 LANCER)エトランジェ’90サマースペシャル(1990年5月)のカタログ・スペック情報、モデル・グレード比較 (MITSUBISHI LANCER 4006769) | Goo-net自動車カタログ

 

さて、実際に試乗です。

インテリアの質感は
デミオを少し落ち着かせたような印象です。

とはいえ、デミオよりかなりの上質感があるというほどには感じません。

こう書くと、

アクセラの質感はコンパクトカー並みなのか?
と思われる方が多いのかもしれませんが、
これは逆にデミオがコンパクト離れした質感をもっている。
といった方が正しいと思います。

実際に走っていく感覚ですが、
ホイールベースがある分か、アクセラの方がしっとりした乗り心地です。
ロードノイズなどもしっかり抑制されているようです。

そして、気になる登坂性能ですが、
多少は力不足を感じるものの、回せば問題無いレベルでした。

余談ですが、高回転まで回した時の音はなかなか良かったです。

こういった、回す楽しさ部分はガソリンエンジンが
まだまだ優れている部分がありますね。

ただ、余裕を持って登坂できる性能は
車重が軽くトルクの太いデミオが有利です。

アクセラも20Sなら問題無いのかもしれませんが、
予算的に車体で250万を超えてくるので、こちらも懐具合が厳しくなります。

次に高速走行です。

100km/hに近い速度でのコーナーリングですが、
これに関してはアクセラのホイルベースだけではなく、
リアサスペンションがマルチリンクタイプなので、
デミオに対して、路面のトレース感覚が2段くらい上です。

オンザレールと言うと、言い過ぎかもしれませんが、
多少の路面の凹凸は軽くいなしながら、
しっかりと路面を捉えている感覚を体感できました。

デミオで同じ速度域でコーナーに侵入すると、
軽自動車などに比べれば断然良いのですが、
路面の凹凸は少し違和感を感じることになるので、
吸い付いているような
独特な安心感は感じられませんでした。

高速道路や高速のワインディングロードを流すことをメインとするなら、
デミオよりもアクセラ。
できれば、出力に余裕のある20SかXD(2.2)が良いかもしれません。

また、当然ではありますが、
試乗した中では唯一の3ナンバー枠で車格が大きい分、
リアシートとラゲッジスペースの広さには余裕があり、
リアシートを倒せば、ナビシートを前に寄せるだけで、
ホンダ シャトルに次いで車中泊もなんとかできそうです。

デミオで車中泊を考えた場合、1名ならできないこともないでしょうが、
リアシートを倒し、ラゲッジスペースとの段差を埋め、
ナビシートを前に寄せて倒しつつ、ナビシート後ろの穴を埋める。

といった感じで、快適に睡眠をとるためには工夫が必要になってきます。

2名での車中泊はアクセラなら前の座席に移動すればなんとかなりますが、
デミオでは荷物を置く場所がなくなるので、
ルーフボックスを使って逃がすなりの工夫は必要になりますね。

 

さて、一通りの試乗は完了しました。

デミオの1.3S touring がないと思われるかもしれませんが、
今回は1.5Lで試乗した結果、
税金が同じ区分で維持費も大差がないことから、
候補から外れてしまいました。

購入費用は30万くらいは安くなるのですが…。

 

また、他にCX-3も試乗したのですが、
カッコイイのは確かですが、価格が300万円クラスとなることや、
値段に対して、デミオと質感、室内の広さが大差なく、
エンジンも共通なので、MTの爽快感はデミオが上と判断。
こちらもSUVにこだわる必要がないため外しました。
とはいえ、懐に余裕があるなら良い車だとは思います。

 

 

さて、色々と試乗した結果、
おそらくはこの中から選ぶことになりそうですが、皆さんはどれがお好みですか?

 

おおよその予算:200万円(多少はアップ可)

 

候補車種:

マツダ デミオXD touring 6MT

マツダ アクセラ1.5S 6MT

 

候補追加:

マツダ デミオXD Touring L-PKG

マツダ デミオXD Touringブラックレザーリミテッド

ホンダ シャトル1.5

 

候補落ち:

スズキ スイフト1.3RS 5MT 理由:ラゲッジが狭すぎる

マツダ デミオ1.3S touring 5MT 理由:上位モデルとの比較にて

ホンダ フィットRS  6MT   理由:エクステリアデザインが苦手
ホンダ フィット1.3G・Fパッケージ 5MT 理由:エクステリアデザインが苦手

 

 

今のところマツダ勢が1歩リードですね。

 

それでは。