とさでいず

愛車DJデミオのカーライフを中心に自転車、バイク、高知のおすすめスポット、写真についてなど色々と書いています

ロードバイクのチェーンをクリーニングしたよ

こんにちは

 

しばらくロードバイクのチェーンをクリーニングしてなかったので、

久しぶりにクリーニングしてみました。

 

f:id:hiro-ride:20160215231015j:plain

自転車はこれ、Trekのアルミロード madone2.1です。

OLYMPUS OM-D E-M5 +LUMIX G 20mm/F1.7(北海道にて)

 

 

以前はチェーンを外して、バットに入れた灯油で洗浄したりしていたのですが、

今回は市販のチェーンクリーニングキットを使ってみます。

 

使用したのはバルビエリ(barbieri) チェーンクリーナー。
バイオディグリーザー・チェーンルブ付のものです。

 

UNICO(ユニコ) BARBIERI チェーンクリーナー

UNICO(ユニコ) BARBIERI チェーンクリーナー

 

 

昨年、自転車店の初売り福袋で購入しました。

 

f:id:hiro-ride:20160216002408j:image

こんな感じのパッケージに入っております。

 

 

組み立てると後方にガイドが付いていて、
クリーニング中にハンドルを握って、
クリーナー本体を固定しなくても良いのが特徴です。

ちなみにガイド部分は一度取り付けると外せません。

無理に外そうとすると壊れますので、注意してくださいね。

 

 

ディグリーザー(洗浄液)は2回分くらいしか入っていないので、
無くなったら市販のディグリーザーを使います。

 

 

 

 

クリーナーは色々なメーカーから販売されておりますので、

お好みで試してみてください。

ちょっと高いけど好評なのはフィニッシュラインさんのセット。

 

 

ディグリーザーなどをすでにお持ちの方は

シマノさんなどから、クリーナー本体だけがリーズナブルな価格で出ています。

 

 

各メーカー使い方は基本的に同じですが、組み立て方や再分解の可否などもありますので、詳しくは購入した商品のマニュアルを確認してくださいね。

 

 

ざっとした使い方の手順はこんな感じです。

 

  1. パッケージからクリーナーを取り出して組み立てる。
  2. メンテナンススタンドを装備した自転車のチェーンにクリーナーをセットする。
  3. 本体にディグリーザー(洗浄液)を入れる。
  4. クランクを回してチェーンを洗浄する。
  5. クリーナーを取り外し、余ったディグリーザーを拭き取る。
  6. チェーンルブ(潤滑油)を注油する。
  7. 余ったルブを軽く拭き取る。

 

コスト的には灯油で洗う方が安いですが、

こちらは匂いもないので周囲に気を使いませんし、洗浄も簡単です。

 

洗浄前のチェーンの状態はこちら。

古いチェーンルブにゴミが付いて、かなり汚れております。

 

f:id:hiro-ride:20160216002506j:image

 

 

 

 

 

で、クリーナーで洗浄します。

 iphoneで実際にクリーニングしている動画も撮ってみました。


 


ロードバイクのチェーンクリーニング

 

 動画では取り付けに手間取っているように見えますが、

片手でiphone6plusを持って撮影しながら、片手で操作している為です。

 

 

f:id:hiro-ride:20160216002434j:image

 

洗浄後のチェーン。

まだ、拭き取りは行っておりませんが、

かなりキレイになっていますね。

 

 

これくらい汚れがあると、清掃前と清掃後で実際に走行した際、

なんとなく軽くなったのを体感できます。

 

本当はここまでなる前に、こまめに清掃した方がいいんですけどね。

 

さて、どこに走りに行こうかなぁ