とさでいず

愛車DJデミオのカーライフを中心に自転車、バイク、高知のおすすめスポット、写真についてなど色々と書いています

四万十川 冬景色

こんにちは。

 

元々は高知で起業して生活しながら、写真作家としても並行して活動を続け、ふるさと高知の景色を発信して行くつもりでした。

しかし、そろそろ結婚なども考えなければならないこともあり、一度は会社員となって情報収集と充電を行っている状態です。

 

ただ、会社員などしてしまうと、時間の制約も多くなりまして。
好条件で撮影出来る機会など、まずありません。
少なくとも写真作家にとって、これは非常に厳しい状況に感じます。

 

こんなことを書いていると、炎上系ブロガーのあの人に「会社やめましょう」とか言われそうですね(笑)

 あの人は高知に移住してきた「まだ東京で消耗してるの?」の方です。

うーん、環境が整えば、やめてもいいんですけど。

 

 

さて、少し前の話となりますが、1月24日。西日本全体で大雪が降った頃。
年に数回しか雪の積もらない、南国土佐にも降雪がありました。

上のような意味では、日曜日に積もってくれたことに本当に感謝です。

 

とりあえず、四万十市中村の中心街に移動し、そこから四万十川を遡りながら撮影して行くことにしました。

 

f:id:hiro-ride:20160206001011j:plain

赤鉄橋に到着。

うーん、かなり降っておりますね。

 

ただ、このままではパッとしませんので、

ちょっとアングルを変えて、赤鉄橋らしく撮っておきました。

 

f:id:hiro-ride:20160206002010j:plain

 

こうやって見ると、白地に赤が映えます。

 

次は佐田の沈下橋に移動します。

道が狭く、路面は滑るので、ゆっくりと走って到着。

 

 

 

f:id:hiro-ride:20160206002443j:plain

佐田の沈下橋

屋形船も泊まっています。

 

通常の沈下橋には欄干はありませんが、現在は水道工事を行っており、パイプを使った簡易的な欄干が設置されていました。

 

それでは、次の橋に向かってみましょう。

 

 

途中、枝振りの良い木があったので、川をバックに撮影。

モノクロで現像すれば、絵画風にもできるかな。

 

f:id:hiro-ride:20160206003015j:plain

 

f:id:hiro-ride:20160206003533j:plain

 到着したのは三里沈下橋です。

この橋は下に降りず、坂の上から撮っても良いです。

 

 

f:id:hiro-ride:20160206003943j:plain

陽光差す三里沈下橋

 

居あわせた年配の写真家さんは、左側からの電線が邪魔なので、後でPCで削除するといっておりました。
私は現像時に消去はせず。近景と遠景のホワイトバランスを別途調整しています。

 

f:id:hiro-ride:20160206010403j:plain

 

 

f:id:hiro-ride:20160206004524j:plain

この沈下橋は写真家さんに人気らしく、各スポットで皆さん撮っておられましたよ。

皆さん、キヤノンニコンの高価そうな一眼レフ。大型三脚とシャンプーハットのようなカバーを装備。気合い入ってますね。

 

私はミラーレスのE-M1に望遠ズーム。E-M5に標準ズームの防滴防塵の二刀流です。

 フードでレンズに雪が付着するのを防げば、気兼ねなく振り回せるのは助かります。

 

 

f:id:hiro-ride:20160206005032j:plain

 木の早い菜の花が雪をかぶっておりました。

こんな景色ですが、春は近づいてきているのですね。

 

f:id:hiro-ride:20160206010342j:plain

 

 

 

 noteにも写真を掲載しております。

ここに掲載していない作品もありますので、興味がある方はご覧ください。

気に入ったクリエイターのサポートなども可能みたいですよ。

 

note.mu